大学の友達数人と歌舞伎町で飲んだ。
仕事の愚痴が8割を占める鬱々トークだったけど、
それはそれで面白かった。

というか、皆ほんとうにオトナになったなぁと思った。
一人は10月に入籍して、その後ニューヨークで旦那と暮らすし、
一人は来月にはもう一児のパパになる。
ついこの間まで一緒に不毛な恋バナをしていたのに…
なんかもう笑けてくる。

皆卒業制作を踏み台にいろんな賞をとっているけど、
それにつながるオファーはそうそうないらしい。やっぱり最後は
自分で売り込みにいくのだそうだ。
私も昔漫画の持ち込みをしたけど、あれはきつかった。
現実の持ち込みはバクマンみたいに上手くはいかない。
多分、売り込みもそんな感じなんじゃないかと思う。
次に飲むときにはなにかしら売り込みの成果を聞けたらいいなと思った。
そうじゃないともう、やりきれない。

その中の一人がぽつっと
「でもまだ卒業して半年しか経ってないんだよなぁ…」
と言った。
ほんとうにみんな、おとなになったのだ。
スポンサーサイト