上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生で初めて、アイドルの握手会というものに行ってきた。
妹が私の誕生日プレゼントに私がずっと好きだったアイドルの握手券を買ってくれたのだ。
今までアイドルが好きで雑誌を見たりライブに行ったりはしてきたが
基本私にとってアイドルというのは遠くにありて思うものであって
アイドルと話したいとか自分の事を認知してほしいとかそういった欲はなかった。
とは言え一度生で会ってみたかったのも事実。
私は握手券の何倍もの交通費を払ってドキドキしながら握手会会場へと向かった。

私の好きな子はそんなに人気のある子ではないので握手の列はガラガラだった。
私はろくに心の準備もしないまま列に並んでその子と対面してしまった。
いつも雑誌やテレビで見ている女の子が自分の目の前にいる。
私は緊張しすぎてまともに顔を見れなかった。15秒ほどの制限時間の中で
自分が言おうと思っていた事を一通り早口で言って、逃げるように帰ってきた。
なんだか心底情けなくなった。
握手に慣れるとアイドルの子と友達みたいな感じになって普通に世間話をするようになるらしいが
本当なんだろうか。私にはとても無理だ。

帰りの電車の中で、私はあの15秒間を何度も反芻した。
間近で見たアイドルはとてもいい匂いだった。
その匂いをかげただけでも今回の収穫はあったと思う事にしよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。