上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校の時、人生で初めての彼氏ができた。
お互いシャイで何を話せばいいのかもわからなかったので初デートは手堅く映画にした。
車好きだった彼氏が選んだ映画は「007ダイアナザーディ」。
私はこれまで007シリーズを観たことがなかったが、超有能なスパイのおっさんが
敵のアジトに潜入して必要以上にドンパチやらかす話だというおぼろげな知識はあったので
気楽な気持ちで観に行った。

だが劇の冒頭、その超有能なはずのスパイのおっさんはいきなり捕まっていた。
マドンナが歌う主題歌をBGMにしてボンドが拷問されるシーンが延々フラッシュバックする。
田舎の純情な女子高生だった私は開始5分で情緒不安定になった。
さらに中盤、おっさんとボンドガールとの長尺のベッドシーンが繰り広げられる。
なぜこれを初デートで観たいと提案したのか。私は彼を心底呪った。
劇場を出た彼はボンドカーに熱狂してあのカーアクションがすごかっただのあんな車を運転したいだのと
目を輝かせて感想を語っていた。
私は交際1週間目にして後腐れなく別れる計画を立て始めた。

そんな彼が結婚したと風の噂で聞いた。
現在は沖縄に移り住み、休日はゴツい車を乗り回しているらしい。
もしその彼と付き合いが続いて何かの間違いで結婚していたら私のこのネガティブを煮詰めて
こねたような性格もいくぶんか矯正されていたのではないかと一瞬悔やまれたが
そんな間違いは万に一つもないだろうと思い直し、ひとり夜中の三時にコンビニに出かけた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。