上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、友人から躁うつ病で入院している人たちの話を聞いて、なんとも言えない気持ちになった。
私はうつにはなったことはないが、数年前、なにをやってもうまくいかなくて、考えても考えても
答えが出なくて、気がついたら夜中じゅう無心で自転車を走らせて隣の隣の区まで激走していたことがある。
その時はすぐに立ち直れたが、きっとその暗い気持ちの向かう先にうつの入り口が待っていたのだろう。
うつはものすごく身近な恐怖だ。
体の健康と同じように精神の健康もまた、大事にしなければならないのだと思った。

数日後、朝起きたらなんだか気分がどんよりしていて、いつも朝食に食べるパンもウインナーも準備する気に
なれなかった。結局冷凍ご飯で雑炊を作って無理やり食べたがその後もなんだか気分が乗らない。
そういえば最近は何かと考えることが多くて、脳が沸騰しているような錯覚に陥ることがよくある。
こないだもお風呂につかりながら考え事をしていると一時間が経過してしまっていた。

もしかして、自覚がないだけで私はもううつを発症しているのだろうか…。

私はすぐにネットでうつの初期症状を調べた。あてはまる項目がいくつかある。
だんだん、うつであることが確信に変わっていき、言いようのない焦りと不安が襲ってきたとき、
ふいに咳がでた。そういえば数日前から喉が痛かった。もしかして、と思って熱を測ったら38度の熱があった。
ただの風邪だった。

うつの入り口までは、思っていたよりはまだ距離があるらしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。